経営陣

経営陣の名前の横にあるプラス記号(+)をクリックすると、各自の経歴をご覧いただけます。

Edward Sims

社長兼 CEO

Ed Simms

Ed Sims は、ウエストジェットの社長兼最高経営責任者であり、ウエストジェットの経営戦略と日常業務の両方を担当。2017 年 5 月、商業部門担当執行副社長としてウエストジェット入社。

キャリアをイギリスの旅行業界でスタート。その後 30 年以上にわたり、ヨーロッパとオーストラリアの観光事業や航空事業で多数の役職を歴任。ウエストジェット入社前は、Tui、Thomas Cook、Virgin Groups で商業部門や運用部門の経営幹部を歴任。Air New Zealand では 10 年にわたりワイドボディ機国際事業を統括。最近では、ニュージーランドの航空交通管制業務を提供する Airways 社 CEO を務めた。

キャリアを通じて、人材育成とコミュニケーションの透明化が成功への足掛かりとなることを実証。ウエストジェットの企業文化に魅力を感じ、説明責任、レジリエンス、信頼性、高い志、謙虚さの職業的価値を基礎としてチームを主導。

取締役会委員会

  • 社長兼最高経営責任者として全委員会に参加

Charles Duncan

執行副社長兼最高戦略責任者

Charles Duncan

2017 年 6 月、ウエストジェットアンコールの社長としてウエストジェット入社。2018 年 8 月より、執行副社長兼最高戦略責任者を務める。ウエストジェットの戦略開発および戦略目標達成に向けた事業を担当。ウエストジェット入社前は、Continental Airlines および合併後の United Airlines で長年にわたる輝かしいキャリアを持つ。料金設定および売上管理、ネットワーク計画、販売を担当し、Continental の事業における商業的な側面を先導。10 年間日本を拠点とし、Continental の東京、香港、上海、北京行き太平洋横断サービスの立ち上げに際して重要な役割を担う。これをきっかけに、最終的にはグアムを拠点とする Continental Airlines の子会社、Continental Micronesia で社長および最高執行責任者を務める。

United Airlines では最終的にテクニカルオペレーション担当の上級副社長を努め、航空機ライン、基地整備、整備計画、信頼性、地上サービス機器、設備、サプライチェーンなどを担う、12,500 名の職員を有する整備部門を監督。

20 年にわたる航空業界でのキャリアにおいて、シカゴのオヘアハブ空港の副社長など数々の指導的リーダーの地位に就き、また United Airlines ではヨーロッパ、中東、アフリカおよびインドの副社長を歴任。 

Charles は次のように言っている。「航空業界にキャリアを捧げてきたのは、航空機、旅行、そして人に対する私の愛を結びつけてくれるからです。私のような職業バックグラウンドを持つ者にとって、大きな成長カーブ、意欲的な社員、そして思いやりを大切にする文化を持つウエストジェットアンコールのような航空会社は、完璧な職場です。」

妻の Hisaka 夫人とは日本で出会い、Zack と Porter の 2 人の息子がいる。お気に入りの渡航先は、ペンティクトン空港とケロウナ空港が最寄りのブリティッシュコロンビア州オカナガン。世界クラスのスキー、ウォータースポーツ、さまざまなアウトドア活動に加え、地元で採れた素晴らしい食材と極上の地産ワインが楽しめる。世界中に存在するすべてのワイン生産地が特別な場所だが、中でもオカナガンは格別だと Charles は考えている。。

Jeffrey (Jeff) Martin

ウエストジェット最高執行責任者(COO)

Jeff Martin

2018 年 9 月、最高執行責任者(COO)として入社。COO として、ウエストジェットのフライト運航(オペレーションコントロールセンターを含む)、ゲスト体験(コンタクトセンターおよび機内)、空港、テクニカル(メンテナンス)オペレーション、ならびにウエストジェットアンコールの事業戦略および執行を担当。

ウエストジェット入社の時点で 28 年以上にわたる商用航空と運航の経験を有する。Southwest Airlines でパイロットとしてキャリアを開始し、同社で 20 年にわたってさまざまな指導的役割を担う。その後、オペレーションコーディネーションセンター担当の副社長に就任。直近では、米国で 6 番目に大きな航空会社で運航部門の執行副社長を務め、テクニカルオペレーション、システムオペレーション、安全、保安、フライト運航、トレーニング、企業コンプライアンスを担当した。

キャリアを通して、航空パイロットおよび民間フライトの教官として従事し、飛ぶことを続けている。定期運送用操縦士の資格を保有し、DC-10、ボーイング 737、エアバス A320 の機長資格を有する。商用航空でキャリアを開始する前は、アメリカ空軍の KC-10 パイロットとしても従事していた。

航空業界での業務に加え、2016 年 10 月より、LaSalle Hotel Properties の取締役を兼任している。

妻の Susan 夫人と一緒にカルガリーに移住し、カルガリー国際空港を中心に広がりつつあるウエストジェットのネットワークの利点を生かせることを楽しみしている。ヨットレースやサイクリングなど、航空業界以外のことにも情熱を傾け、たびたび冒険や競技に挑戦している。

Craig Maccubbin

執行副社長兼最高情報責任者(CIO)

Craig Maccubbin

執行副社長兼最高情報責任者(CIO)として、2017 年 4 月 24 日にウエストジェット入社。最高技術責任者を務めた Southwest Airlines からウエストジェットに見事に着陸し、心から愛する航空業界に関わり続けている。ローコストキャリア、IT および人材開発の分野における幅広い経験、専門知識、バックグラウンドを持つ Craig は、進化し続けるテクノロジーの変化に取り組むウエストジェットにとって非常に貴重な存在である。

Spirit Airlines、LasVegas.com、Black Enterrainment Television の CIO など、経営幹部職としてのキャリアは 25 年以上に及ぶ。Craig には今日に至るまで、心の支えとしている父からの言葉がある。「やると決めたら、どんなことでもできる。問題は、「できるまでの努力を続けられるか?」ということだけだ」というものである。

世界中の航空業界全体でサイバー脅威情報を共有することを目的とした航空情報共有分析センター(A-ISAC)設立の際に重要な役割を担ったことは、彼の誇りである。

写真と音楽をたしなみ、初版希少本の収集家でもある。

お気に入りの渡航先はスコットランド。城の遺跡を訪ね、キタカワカマスやサケを釣り、素晴らしい人々に会い、最も美しい国にいることを楽しむ。

Barbara Munroe

法人向けサービス担当執行副社長兼相談役

Barbara Munroe

Barbara Munroe は、ウエストジェット法人向けサービス担当執行副社長兼相談役。ウエストジェットの経営幹部チーム、取締役会と密接に連携し、法律、企業不動産、環境、燃料、政府/産業業務および規制に関わる法人向けサービスを担当している。相談役としては、企業の法律戦略および包括的な企業統治プログラムを計画。ウエストジェットファミリーには、2011 年 11 月に入社。優秀な管理チームと遊び心のある企業の一員となったことを心から喜んでいる。

カルガリー大学を商学と法学両方の学士を取得して卒業。カルガリーの Blake, Cassels and Graydon, LLP で法務のキャリアを開始。数年間の個人営業を経て、SMART Technologies の社内相談役に就任。SMART の法務部門を 8 年にわたって指揮し、法務および事務部長の上級 VIP を務めていた 2008 年に退社。その後、Inperial Oil で上級顧問およびアシスタント相談役として数年にわたって勤務。

2016 年 5 月には、Crescent Point Energy Corp. の取締役に選任される。

夫と 2 人の子どもとカルガリーに在住。ランニングやサイクリングなどで素晴らしい自然を常に楽しんでいる。ウィンダミアで家族と共に過ごす時間を特に大切にする Barbara は、チャンスがあれば旅行に行き、旅先で新しいアート作品(時には靴)を見つけている。

お気に入りのウエストジェット渡航先はパームスプリングス。

Mark Porter

人事および企業文化担当執行副社長

Mark Porter

人事および企業文化担当執行副社長として、2015 年 10 月 26 日にウエストジェット入社。ウエストジェットへの入社によって、航空業界に復帰した。人事業務に転身する以前は、Bombardier で航空機エンジニアとして勤務していた。

また、カナダの電力会社でのキャリアも持つ。Molson Canada の最高人材活用責任者として、Molson Coors 合併時には重要な役割を果たす。また、Shaw Communications ではほぼ 10 年間にわたり人的資源担当の上級副社長として勤務。

多くの高いレベルの専門的業績を挙げられたのは、周囲の人々のおかげであるという Mark であるが、STARS Ambulance のボランティア役員会の一員であることを誇りに思っている。STARS は重病者や重症者に対し、迅速な緊急搬送と希望を提供している。2016 年から 2017 年にかけて、STARS は 3,022 回のミッションを遂行し、重病者や重症者の航空搬送に携わった。

お気に入りのウエストジェット渡航先はアイルランドのダブリン。アイルランド出身なので、ひいき目もあるかもしれない。

Harry Taylor

経理担当執行副社長兼最高財務責任者

Harry Taylor

2015 年 10 月、経理担当執行副社長兼 CFO としてウエストジェットに入社。経理、財務報告書、財務計画および分析、投資家対応、内部監査、購買、資金および税務を担当。

ウエストジェット入社前は、小売および消費者向け包装商品業界で 20 年以上勤務。Canadian Tire Corporation、Holt Renfrew、Home Depot、Frito-Lay といったカナダと米国両方の企業にて経理および運営の最高リーダーシップ業務を経験。専門サービスでのキャリアを開始した後、McKinsey & Company で 5 年間、Ernst & Young で 3 年間顧客対応を担当。

生まれはウィニペグ州で、トロントを故郷と考えているが、長い期間をアトランタ州ダラスとカルガリーでも過ごしている。1983 年にトロント大学のトリニティカレッジで商学の学士号を得た後、1985 年にオンタリオ公認会計士協会から公認会計士の称号を取得。1988 年にはウエスタンオンタリオ大学で経営学修士号を取得。

意欲的かつ熱心なリーダーであり、ウエストジェットのビジョンと価値への強い信念から、ゲストとウエストジェッターの両方にとって素晴らしい結果と素晴らしい経験を提供するべく社員を導くことを決意している。耳を傾ける人には教えてくれる、彼のアプローチはシンプルだ。

  1. オリンピック選手のようにリードし、努力すること(完璧を目指し、絶え間なく取り組むこと)、
  2. アインシュタインの狂気の定義(同じことを何度も繰り返し、異なる結果を期待する)の具体化を避けること、
  3. 外の景色を眺め(周りの人を信用し)、鏡を見つめる(責任を負う)こと。

Steven Greenway

Swoop 執行副社長兼社長

Steven Greenway

Steven Greenway は、Swoop の執行副社長兼社長。 

短期および長期計画、ブランディング、価格設定、製品開発、2018 年以降の Swoop の良好な運用化を含む、立ち上げおよびビジネス戦略のすべての側面における責任を担って Swoop ファミリーに入社。ウエストジェットグループの長期国際成長戦略を支援し、カナダでの Swoop の道筋を導いていく。

航空会社、ロイヤルティ、顧問の経験を含む 20 年以上にわたるキャリアの中でも、特にローコストキャリア(LCC)での経験が注目される。 世界中の新興企業、再建企業、有力な一流航空会社で働いていた経験を持ち、「ゼロから新しいものを作り出す」達人である。

経営幹部レベルから取締役会の役員にいたるまで経験しており、専門エリアは販売や流通から計画と収益管理、補助収益、E/M コマース、ロイヤルティ、商業戦略にまで及ぶ。

最近では、HK Express の先駆的なローコストキャリアロイヤルティ/日常プログラムである reward-U の CEO、アジア有数のオンライン旅行代理店の 1 つである Zuji の取締役も務めている。それ以前は、成功を収めている Singapore Airlines の中/長距離 LCC、Scoot の創設メンバーであり、商業担当最高責任者も務めた。経済学および政治学の学士号を持つ。

ウエストジェットグループ社長兼 CEO の Ed Sims 直属。

Arved Von Zur Muehlen

商業担当最高責任者

Arved Von Zur Muehlen

2018 年 11 月、商業担当最高責任者としてウエストジェットに入社。

社長兼 CEO である Ed Sims の直属としてウエストジェットの商業部門を率い、販売、マーケティング、製品、ネットワーク計画、売上管理、企業計画、航空会社パートナーシップ、ウエストジェットバケーションなど、商業面のあらゆる業務の責任者としての職務をこなしている。

Arved には商用航空業界で培ってきた 20 年以上にわたる経験があり、ウエストジェットでもこれを生かしている。航空業界でのキャリアを Malaysia Airlines から始めたが、そこでも商業担当最高責任者として、販売、売上管理、ネットワーク計画、マーケティング&ブランディング、製品開発、デジタル&カスタマーエクスペリエンスの各業務の責任を担った。Malaysia Airlines でその役職に就く前には、Qatar Airlines で商用ネットワークオペレーション担当上級副社長、Swiss International Airlines で販売およびマーケティング大陸間マーケット担当上級副社長を務めている。また 15 年以上にわたり、Lufthansa German Airlines でさまざまなリーダー的な役職を歴任した。

Arved はドイツ語と英語を流暢に操る。