ボーイング 737 MAX

737 max

737 MAX 独自の特長

環境へのメリット

  • 新しい最先端のテクノロジーにより、現在の次世代ボーイング 737 機材よりも燃料効率が約 13 % 向上します。

ゲストの快適さが向上

  • 静かなエンジンのテクノロジーにより、次世代ボーイング 737 の騒音が最大 40 % 低減されました。
  • 座席上の収納スペースがスペース効率が最大化するように設計されたため、機内持ち込み手荷物用のスペースが拡張されました。
  • ボーイングスカイインテリアでは、流れるような曲線と全長がすっきりとした壁により広々としているように感じられます。
  • 最新の Wi-Fi テクノロジーにより、業界最高の帯域幅で常時接続できます。

 

ボーイング 737 MAX 機では、他の客室と仕切られた前方客室のプラス座席が、新しい環境の座席に生まれ変わりました。新たなプレミアム客室では座席構成が「2x2」構成となっており、柔らかくしなやかなレザーとワイドな座席の組み合わせが快適な座り心地をもたらします。座席スペースも、現在の座席と比べると 2 割ほど広くなっています。詳細

737 MAX 8
乗客定員 174
エンジン CFM インターナショナル LEAP-1B
普通座席のシートピッチ 31-34 インチ/79 cm–86 cm
プレミアム座席のシートピッチ 34 インチ/86 cm
化粧室 3 室(機内前方に 1 室、後方に 2 室)
巡航速度 時速 530 マイル/時速 850 km/460 ノット
最大高度 41,000 フィート/12,500 m
航続距離 4,045 マイル/6,510 km
翼長 117 フィート 10 インチ/35.9 m
全長 116 フィート 8 インチ/35.6 m
尾翼高 40 フィート 4 インチ/12.3 m
貨物用コンテナのドアの寸法1

前方貨物室
幅 48 インチ/122cm
高さ 51 インチ/129.5 cm1

 

後方貨物室
幅 48 インチ/122 cm
高さ 48 インチ/122 cm1

737 MAX 機ではプレミアムの座席が最初の 3 列に位置し、エクストラレッグルームがあります。一部の機材では中央の座席がプレミアム座席の仕切り代わりになっていますが、すべての 737 機で 2x2 構成の座席が導入されるにあたり、この構成は廃止されます。今後はさらにプレミアムな機内体験をお届けいたします。

1注意:ボーイング 737 の貨物室のドアは内側に向かって開き、入口の高さは最大 33 インチ(84 cm)に制限されています。これ以上の高さの荷物は、入口の大きさに合わせて横向きにするか、傾けて積載しなければなりません。入口から積み込むことができない大きさで、横向きにすることができず、傾けることができない荷物(移動用装置を含む)はお引き受けできません。

 

787-9 座席表
  普通座席
  プレミアム運賃座席
  広いレッグルーム
  利用不可
  利便性の低い座席

参考情報へのリンク