株式情報

ウエストジェットの定款では、カナダ運送法での定義に基づきウエストジェットが「カナダに属す」と認められない原因となる、議決権付き普通株式の予約、発行、譲渡または購入に関する制限が設けられています。カナダ運送法の適用条項では、国内ライセンス、定期国際ライセンスおよび非定期国際ライセンスを間接的に完全所有する企業として、ウエストジェットがカナダに属すると認められるためには、ウエストジェットがカナダ人によって実質的に統制され、その議決権持ち分の少なくとも 75 % がカナダ人によって保有、管理されている必要があります。

カナダ運送法 55(1)項に基づく「カナダに属する」の定義は以下のように要約されます。

  1. 移民及び難民保護法(カナダ)の意義の範囲内でカナダ国民または永住者とされる者、
  2. カナダの行政機関、その行政機関の職員、または
  3. カナダまたはカナダの州の法律の下に法人化または設立された企業または組織で、実質的にカナダ人によって統制され、議決権持ち分の少なくとも 75 % または規則に基づき総督の指定するそれ以下のパーセンテージがカナダ人によって所有および管理されている。

 

ウエストジェットの定款、規約およびポリシーは、事業会社法(アルバータ州)の規定によって考慮されるすべての権限を含む、所有規制に影響を与えるのに必要な権限を取締役会に付与しています。ウエストジェットでは、定款、規約およびカナダ運送法への準拠を確実にするため、カナダ人によって所有される株式数を監視するための特定のポリシー、手順およびプロセスを導入しています。

このような申告が適切に完了していない場合、この申告と関わる株式が株主によるいかなる投票でも集計されなくなります。

議決権付き普通株式は、カナダ人のみが所有、管理できます。カナダ人でない者によって所有または管理されるいずれの議決権付き普通株式は、議決権付き変動株式に変換されたものとみなされます。

各議決権付き普通株式には、すべての株主総会における 1 票の投票権が付与されます。

議決権付き変動株式は、非カナダ人のみが所有、管理できます。

議決権付き変動株式には、次の場合を除き、議決権付き変動株式 1 株につき 1 票の投票権が付与されます。(i)自己株式を除く発行済の議決権付き変動株式の数が、発行済のすべての議決権付き株式の 25 %(またはカナダ運送法に従って総督が指定したその他のパーセンテージ)を超える場合、または(ii)すべての会議における、すべての投票対象の議題について、議決権付き変動株式の所有者、またはその代理人による投票数がそのような会議における総投票数の 25 %(またはカナダ運送法に従って総督が指定したその他のパーセンテージ)を超える場合。

上記の基準値のいずれかを超えた場合、さらなる措置や手続きなく、各議決権付き変動株式に付随する票は自動的に減少します。前項の(i)で説明される状況において、議決権付き変動株式は分類として、発行済株式総数に付随する総投票権の 25 %(またはカナダ運送法に従って総督が指定したその他のパーセンテージ)以上を有することはできません。前項の(ii)で説明される状況において、議決権付き変動株式は分類として、既定の株主総会でのすべての投票対象の議題において総投票数の 25 %(またはカナダ運送法に従って総督が指定したその他のパーセンテージ)以上を有することはできません。

会議におけるすべての投票対象の議題について、議決権付き変動株式の所有者またはその代理人による投票数がその議題の総投票数の 25 %(またはカナダ運送法に従って総督が指定したこれを上回るパーセンテージ)を超えた場合、議決権付き変動株式に付随する総投票数はその議題に対する総投票の 25 % を超えないよう、各議決権付き変動株式に付随する投票権は自動的かつ比例的に減少します。

上記で説明される制約は、担保としての目的のみで非カナダ人によって保有される議決権付き変動株式、株式を一般に流通させる目的のみで 1 人または複数人の非カナダ人出資者によって保有される議決権付き変動株式、資金の支払いまたは有価証券の取引に関連して有価証券を引き渡し、有価証券取引を清算するための中央集権型施設を提供する仲介人を務める非カナダ人よって保有される議決権付き変動株式には適用されません。