勧告

現在、天候または事象に関する勧告はありません。空港、渡航要件、健康と安全、詐欺に関する情報については、下記の追加勧告をご覧ください。

その他の勧告情報

ウエストジェットのチェックインカウンターの場所が変わりました。

改装に伴い、2018 年 8 月 14 日現在、弊社の国内線チェックインカウンターは 7 番出発口前にあります。カルガリー国際空港(YYC)に到着後は、案内板に沿って弊社カウンターまでお進みください。

カンクン国際空港で税関および入国審査を通過した後に、送迎やタイムシェアの業者が声をかけてくる場合がございます。ウエストジェットおよびウエストジェットバケーションはこうした第三者の業者とは提携しておりませんのでご注意ください。このような業者による旅行サービスはご利用にならないことをお勧めいたします。ウエストジェットバケーションによるオールインクルーシブパッケージをご予約になっている場合、または事前に送迎を手配されている場合は、ターミナル 4 を出たところにあるバス到着ホームが集合場所となっております。詳細については、正式な文書に記載された説明を参照してください。

ロサンゼルス空港(LAX)がポジティブに変化しています。ウエストジェットのゲストは、デルタ航空ほか提携航空会社との乗り継ぎ便を利用される際、次のゲートへの案内表示を簡単に見つけられるようになります。

また、搭乗の場所に応じて、ターミナル 2 とターミナル 3 の間を結ぶ便利なシャトルバス(移動所要時間約 5 分)をご利用いただけるようになります。

ご出発の 90 分前までにご到着ください。国際線をご利用の場合、チェックインを行い、セキュリティチェックを通過して、ゲートに到着までに十分な時間が必要となります。

2018 年 10 月 17 日より、大麻を合法化する法律が施行され、個人的な目的で大麻を合法的に購入、使用、所持することが可能になります。しかしながら、大麻を所持して国境を越えることは依然として違法であり、ゲストには大麻に関連するすべての法律および規則に従う責任があります。カナダを含むどの国でも、医療用大麻の許可書を所持していても、カナダ国内への大麻の持ち込みおよびカナダ国外への大麻の持ち出しが認められるとは限りません。 追加の情報および資料は、カナダ政府 のウェブサイトをご参照ください。

カナダでは、空路で主要空港から入国する旅行者の入国審査申請をデジタル端末で行えるようになりました。入国手続専用端末機(Kiosk)および eDeclaration モバイルアプリの詳細は、www.cbsa.gc.ca を参照してください。

カナダでは電子渡航認証(eTA)と呼ばれる入国要件が新たに導入されました。ビザが免除されている外国籍の旅行者がカナダに入国する場合、空路で渡航する前にオンラインで eTA の申請をする必要があります。米国籍保有者および現在有効なビザの保有者は免除対象となります。

手頃な費用で申請ができ手続きにも時間がかからず、申請後数分以内に eTA を取得できる場合がほとんどです。申請および詳細に関しては、Canada.ca/eTA をご覧ください。

カナダ国内線へのご搭乗には有効な(期限の切れていない)身分証明書が必要となります。飛行機旅行の保安に関する政府の規定(Secure Air Travel Regulations)に基づき、ウエストジェットは有効な身分証明書をご提示いただけない方のご搭乗はお断りしております。また、身分証明書のお名前がご予約の航空券または搭乗券に記載のお名前と一致していなければなりません。カナダ公共安全省の Web サイトの「飛行機旅行に必要な書類」のページで詳しい情報をご覧いただけます。身分証明書要件に関する詳細はこちらをご覧ください。

搭乗される方みなさまにとって快適な空の旅となるように、お酒は節度を持って飲まれるようご協力ください。

持ち込まれたお酒をご搭乗前に空港でお飲みになること、またはウエストジェットのすべてのフライトにおいてご搭乗後に飲まれることは法律で禁じられています。ウエストジェットはゲストのみなさまにその旨をお知らせするよう義務付けられています。機内でアルコール飲料をお楽しみになりたい方のために、ウエストジェットの航空機はアルコールを提供するライセンスを取得しております。ご搭乗のすべてのお客様および乗務員の安全を守るため、ウエストジェットはアルコールや薬物の摂取によって酩酊状態にあると思われるお客様のご搭乗をお断りする権利を有します。

カナダ航空規則により、アルコールや薬物の摂取によって能力が損なわれた状態にあり、機材や搭乗者を危険にさらす可能性があると判断される方を搭乗させることは禁じられています。

近い将来メキシコやカリブ海地域にご旅行の予定がおありでしたら、通常よりも量の多い藻(海草)を目にされることでしょう。注意:年間を通していつでも藻の影響がみられる場所は複数ありますが、今年は例年よりも多く発生しています。

休暇中に藻が発生する可能性があることをご承知いただいた上でご予約されるよう、ウエストジェットおよびウエストジェットバケーションからお願い申し上げます。

影響を受けているエリアのホテルは、さまざまな方法を駆使して浜辺に打ち上げられる藻を除去しています。地域によっては、ビーチが自然保護の対象となっている場合があり、近隣のホテルができる対策は限られています。

すべての航空機を対象に、ナッツ類、ピーナッツ、ナッツ製品、木の実類にアレルギーをお持ちのゲストの方は、予約時およびチェックイン時にご申告いただき、搭乗の際にも機内乗務員にお知らせくださいますようお願いいたします。ウエストジェットはピーナッツや関連製品は取り扱っておりませんが、一部食品に製造過程でピーナッツなどが微量混入してしまう可能性もあります。

連邦航空局(米国)の通達により、ウエストジェットのすべてのフライトでサムスン電子社製ギャラクシーノート 7(Galaxy Note 7)デバイスの持ち込みが禁止されています。この決定は 2016 年 10 月 15 日土曜日アメリカ東部夏時間の午後 12 時より有効です。

ウエストジェットはゲストのみなさまの安全と快適さを常に最優先いたします。ぜひご協力いただけるようお願いいたします。サムスン電子社製ギャラクシーノート 7(Galaxy Note 7)のリコールの詳細は、サムスン電子社の Web サイトをご覧ください。

安全上の懸念により、ウエストジェットおよびウエストジェットアンコールのすべてのフライトにおいて、ホバーボード、パワーボード、エアーホイール、その他リチウム電池式の自動バランススクーターは、機内持ち込み手荷物、受託手荷物、カーゴを問わず一切お持ち込みできませんのでご了承ください。ゲストのみなさまに安全で快適にお過ごしいただくことが第一の優先事項です。今後変更のお知らせを差し上げるまで禁止措置は継続されますので、ご協力お願いいたします。

ウエストジェットの関係者になりすます詐欺師にご注意ください。不審な取引の標的になっていることが疑われる場合は、RCMP カナダ詐欺対策センターにご相談ください。1 888 495 8501 にお電話されるか、または Web サイトを参照してください。

電子メール(フィッシング)や電話での詐欺は犯罪者がよく使う手口で、クレジットカードや銀行口座番号などの個人情報をだまし取ります。この手の詐欺では、信用させて不審を抱かせないように知名度の高いブランドになりすまします。本物そっくりに見せかけ、ロゴを使ったり正規のものと錯覚するような電子メールのアドレスを使用したりもします。

フィッシングとは虚偽の電子メールを送って相手をだまし、個人情報を共有させる手法です。この手の詐欺では、ユーザー名、パスワード、メールアドレスなどの個人情報を引き出すケースが多く見られます。ウエストジェットが電子メールでこうした個人情報をお聞きすることはございません。アカウント情報の確認に緊急を要するとあおるフィッシング詐欺もあります。緊急性を演出してリンクをクリックさせ、本物に見せかけた偽の Web サイトに誘導します。リンク先のなりすましサイトでクレジットカード情報や口座の詳細を収集します。このような電子メールの添付ファイルはクリックしないようにしましょう。ウイルスやスパイウェアが仕込まれている可能性があります。

偽の電子メールの主な特徴は以下のとおりです。

  • 賞品や航空券が当たったという虚偽の内容。
  • 受信者のアカウントに問題が生じ、それを「修復」しなければならないという虚偽の内容。
  • 「WestJet」のスペルが「Westjet」となっているなど、誤字、文法や綴りの誤りがある。
  • 送信者のメールアドレスや、メールに含まれるリンクが本物のように見せかけてある。
  • その他ロゴや企業カラーなど、本物と見間違える素材を使用。

WestJet Airlines Limited の名を騙り、オンラインのアンケートを行ったり Facebook で共有させたりするオンラインマーケティング行為が見られます。アンケートに答えて結果を Facebook で友人と共有すれば、報酬として無料チケットや額面金額を提供するというものです。弊社をご利用の際の感想をお聞きすることは大歓迎ですが、こうした虚偽のアンケートに参加したり、アンケート結果をご自身の Facebook プロフィールで共有されたりしないようにご注意をお願いいたします。さらに詳しい情報は、弊社のブログポストをご覧ください。

ウエストジェットにお電話いただいたゲストで、「間違い電話詐欺」に引っかかってしまったという方が多くいらっしゃいます。これは間違い電話を利用する詐欺師やテレマーケティングの会社が使う手法です。

ウエストジェットの電話番号に故意に似せたフリーダイヤル番号が数多く使用されています。これは間違えて電話をかけたゲストを捕まえて個人情報やクレジットカードの詳細を聞き出そうというものです。不注意による間違い電話と圧力戦術を利用したマーケティング手法で、このタイプの詐欺が急増しています。電話番号はおかけ間違いのないようにご注意ください。ウエストジェットの正しいフリーダイヤル番号は 1-888- WESTJET です。

ウエストジェットはカナダ登録の航空会社であるため、数ヵ国の国において航行前に客室とフライトデッキに殺虫剤を散布することが義務付けられています。病気を運んだり作物への害を与えたりする害虫が外国から入り込まないようにするための予防的措置です。

ウエストジェットでは、世界保健機構(WHO)によって民間航空機への散布が認可されている殺虫剤、ペルメトリン #216 を使用しています。WHO の報告によると、散布に際し短期間この殺虫剤に接触しても、健康被害は見られませんでした。

殺虫処理に関するさらに詳しい情報は、下記のカナダ運輸省の Web サイトをご覧ください。
http://www.tc.gc.ca/eng/civilaviation/standards/commerce-ohs-disinsection-westjet-2094.htm
または、下記のアメリカ合衆国運輸省の Web サイトをご覧ください。
https://www.transportation.gov/airconsumer/spray