1. ホーム
  2. 旅行案内
  3. 手荷物
  4. 機内持ち込み手荷物

機内持ち込み手荷物

弊社の手荷物許容量の規定は、ウエストジェットまたはウエストジェットアンコールが運航するフライトにのみ適用されます。これには、カナダ国内線、米国内線、国際線、チャーター便が含まれます。

提携航空会社を利用される場合は、提携航空会社のページを参照して、ご旅行に関わる料金システムをご確認ください。往路、復路それぞれ最初に搭乗されるフライトを運行する航空会社が、片道ごとに料金を課金いたします。

機内持ち込み手荷物は、お客様の旅行を快適で便利にするために役立ちます。弊社はゲストの機内持ち込み手荷物許容量に対応するために最善を尽くしますが、機内持ち込み手荷物の許容量はスペースの空き状況に応じて変化します。機内持ち込み手荷物の許容量に関する詳細は下記をご覧ください。

機内持ち込み手荷物の所定サイズまたは許容量を超過する手荷物をゲートでお預けになる場合、料金が適用されます。ゲートでのお支払い方法はクレジットカードのみとなります。

確定した座席の各ゲストには、無料機内持ち込み手荷物 1 個と身の回り品 1 個までが許可されます。サイズ検査装置に適合しないか、または弊社の機内持ち込み手荷物許容量を超過した場合は、受託手荷物として預けられ、超過手荷物料金が適用されます。

ウエストジェット便またはウエストジェット運航便をご利用の場合は、機内持ち込み手荷物および身の回り品を、座席上の収納スペースにそれぞれ収納いただくことをお勧めします。小さな身の回り品は、前の座席下へ収納してください。

ウエストジェットリンク便(パシフィックコースタル航空運航)をご利用の場合は、小さな身の回り品を座席上の収納スペースに収納してください。大きな機内持ち込み手荷物は、前の座席の下に収納してください。ウエストジェットリンク便では、バレーカートサービスもご利用になれます。

機内持ち込み手荷物は長さ 53 cm または 21 インチ以内、幅 38 cm または 15 インチ以内、高さ 23 cm または 9 インチ以内でなければなりません。身の回り品は長さ 41 cm または 16 インチ以内、幅 33 cm または 13 インチ以内、高さ 15 cm または 6 インチ以内でなければなりません。

 最大サイズ
(長さ+幅+高さ)
詳細
機内持ち込み手荷物 53 cm x 38 cm x 23 cm
(21 インチ x 15 インチ x 9 インチ)

例として、以下が挙げられます。

  • バックパック
  • バッグ
  • スーツケース
身の回り品 41 cm x 33 cm x 15 cm
(16 インチ x 13 インチ x 6 インチ)

例として、以下が挙げられます。

  • 書類鞄またはハンドバッグ
  • カメラ
  • 衣類バッグ、外交封印袋、領事封印袋、カメラバッグ
  • ペット用ケージ1
  • ノートパソコン
  • 小型楽器
  • スポーツ用ボール

 

すべての機内持ち込みと身の回り品は、以下に従う必要があります。

  • チェックイン時にサイズ検査装置に適合しなければなりません。
  • バッグは座席上の収納スペースに、人の手を借りずに収納できるよう軽量でなければなりません。そうすることが困難な場合は、ご要望に応じてお手伝いさせていただきます。
  • 物品を適切な場所に収納してください。身の回り品は座席下に入れ、機内持ち込み品は航空機内の座席上の収納スペースに入れてください。
  • 旅行先の国に応じた機内持ち込みに従ってください。国により品目が異なります。ウエストジェットは、出発地、または目的地への到着時にセキュリティで許可されていない品目については責任を負いかねますので、渡航前に catsa.gc.ca へアクセスし、許可されているものを確認してください。
  • セキュリティを通過できる品目シャンプー、香水、歯磨き粉、保湿剤などの機内持ち込み品目は、限定された量でのみ許可していますが、規則に遵守していることを確認してください。

承認されていない機器は、座席の一部または航空機のいかなる部分にも取り付けることを認められておりません。未承認の機器には、ニーディフェンダー、延長シートベルトや補助椅子が含まれます。

機内持ち込み品を収納するスペースが機内にない場合は、受託手荷物の中に含めなければなりません。もしくは既存の受託手荷物が遅延、損傷を受けた場合に備えて、客室内でお客様が携行できるよう、身の回り品に次の品目を入れておくことを強くお勧めします。

  • 身分証明書
  • 渡航書類
  • 宝石類
  • 医薬品
  • モバイルデバイス

お客様の旅行を最大限にご活用いただくために、最良の梱包のヒントを集めました。よりスマートに梱包する方法に関する便利なヒントをいくつかお試しください。

カナダ航空輸送安全公団(CATSA)は、セキュリティを通過したすべての液体、ジェル、エアロゾルのサイズと梱包に加えて、許可された品目と許可されていない品目を規制しています。セキュリティ対策の詳細については、catsa.gc.ca へアクセスするか、1-800-O-Canada までお問い合わせください。

ウエストジェットにはまたいくつかの追加制限があります。詳しくは、制限品目をご覧ください。

機内持ち込み手荷物許容量に加えて、次の品目も許可されています。

手荷物その他の情報
おむつ用バッグ 幼児用品が含まれていなければなりません。
認証されたチャイルドシート(自動車用チャイルドシート)

購入された座席での使用に限ります

血液
  • 個人使用を目的とした血液 2 リットルまで機内へお持ち込みいただけます。非個人用の血液は、貨物として発送する必要があります。
  • 血液は、テープ止めされたねじ蓋付きプラスチック製の薬瓶、使い捨て真空収集チューブ、または密封されたビニール袋(できれば二重にする)に梱包する必要があります。
  • 血液は腐敗しやすい品目として扱われるため、冷却用のコールドパックを備えた振動や損傷に強い漏れ防止容器(厚紙で囲まれた発泡スチロール TM のアイスボックスなど)に入れて梱包しなければなりません。容器はテープ、ひもや輪ゴムで一重または二重に固定されていなければなりません。
  • 空港のセキュリティチェックは、公認機関が発行した公式文書を請求して、その血液が非感染性であることを確認する場合があります。感染性の血液サンプルは輸送用には受け入れられません。
  • 国外旅行の場合は、ご自身の責任において、渡航先の国の税関で受入れガイドラインを確認してください。
ご遺骨
  • ご遺骨はすべて X 線検査を行っております。葬儀社の証明書類がある場合でも検査要件は免除されません。
  • カナダ航空輸送安全公団は、明瞭なスキャンが可能でセキュリティチェックを通りやすい素材の骨壷(プラスチック、ダンボール、布でできたもの)に一時的にご遺骨を納められることを推奨しています。ご注意:検査担当者が骨箱を開けることは認められていません。また、ご自身で開けられた骨箱の中身を検査することもいたしません。
  • また、空の耐久性のある骨箱(金属、花崗岩、セラミックなど)を機内持ち込み手荷物として持参することもできます。
  • セキュリティチェックを通過しなかった骨箱を、機内持ち込み手荷物として、または受託手荷物としてお預かりすることはできません。
  • さらに詳しい情報は catsa.gc.ca をご覧ください。
免税商品
  • セキュリティ検査を通過した後にお買い上げになられた免税のアルコール飲料は、機内持ち込み手荷物としてウエストジェットが運航する航空機内にお持ち込みいただけます。アルコール飲料は、乗り継ぎや乗り換えがあるウエストジェットのフライトにご搭乗される場合や、セキュリティ検査を通過する前に購入された場合は、受託手荷物としてお預けいただく必要があります。
  • EU 諸国発の提携航空会社から乗り換えのウエストジェットのゲストは、アルコール飲料が免税店の不正開封防止袋に入れられているのであれば、機内持ち込み品として免税購入を許可されます。
食料品
  • 機内消費用に使い捨てのパッケージで、身に着けるか、または機内持ち込み手荷物に入れて持参できます。
壊れやすい品目
  • 繊細な科学機器
  • 移植のための人間の器官
医療機器
  • 個人用の認可された電池式携帯用酸素濃縮器は機内で使用することができます。
  • 機内持ち込み手荷物の許容量を超える不規則な大きさの医療機器は、定められた場所に、航空機の最も適切なエリアの重量制限を超過することなく収容でき、なおかつそれらが安全装置、非常口、または通路へのアクセスを妨げない場合、搭乗中に乗客が保持できます。すべての場合において、このような品目の受託はウエストジェットが独断によって決定します。
  • 詳細は制限品目に記載されています。
医療用注射器または注射針
  • 専門的または薬学的に分類され、ゲストの名前を書いたラベルを貼付した医薬品を伴う場合にのみ受け入れ可能です。
医薬品
  • 元のラベルが付いた容器
モビリティデバイス
  • 支持具、杖、松葉杖、歩行器などが含まれます。
個人用衣服/上着
  • コート、帽子、傘
個人用電子機器

電池式の個人用電子機器は、個人用に輸送することができ、機内乗務員が許可した場合に使用することができます。例として以下が挙げられます。

  • 空気清浄機
  • 電卓
  • カメラ
  • コードレスノイズフィルタリングヘッドセット
  • 電気時計
  • エンターテイメントシステム
  • 電子書籍リーダー
  • 補聴器
  • 心臓ペースメーカー

お客様は、以下の個人用電子機器を輸送することはできますが、客室内で使用することはできません。

  • 電子タバコ
  • 吸入器
ベビーカー

電波を発する携帯電子機器

電池式の携帯電子機器は機内持ち込みの手荷物に含めることができますが、信号を送信するため、携帯電子機器のネットワークへの接続をオフにする「機内モード」に設定する必要があります。機内乗務員から案内された場合、「機内モード」でこれらを使用することができます。

電波を発する携帯電子機器の例として、以下が挙げられます。

  • 携帯電話
  • エンターテイメント/ゲーム機
  • タブレット

ゲストは、以下の個人用電子機器を輸送することはできますが、客室内で使用することはできません。

  • AM/FM トランスミッタとレシーバ
  • ドローンなどのリモコンで動くおもちゃ
  • CB ラジオ
  • 携帯型双方向無線電話装置

ターボプロップは大型の航空機ですが、機内持ち込み手荷物用のスペースが少なくなっています。そのため、航空機に搭乗する前に機内持ち込みサイズ検査装置に適合していても、機内持ち込み品を確認するように求められることがあります。機内持ち込み品に医薬品、ノートパソコン、鍵、壊れやすい物などの貴重品が含まれている場合、搭乗前に検査された機内持ち込み品は航空機が到着またはターミナルへ移動するまで利用できなくなるため、客室内にお持ち込みいただくようお願いいたします。

機内持ち込み手荷物を座席上の収納スペースに保管するためのガイドラインを便利なインフォグラフィックで示します。判別がつかないときは、客室乗務員の判断に従ってください。

 

機内